Home / タイ / パタヤ / 男と知らずレディーボーイと宿泊し40万バーツ失う

男と知らずレディーボーイと宿泊し40万バーツ失う

タイ警察は不用心な観光客に対して、レディーボーイの犯罪による危険を警告しています。国家観光警察の部長Surachet Hakphanは、トランスジェンダーを一まとめにして非難したくはなかったが、と述べています。パタヤ警察では、近頃のレディーボーイによる犯行で、観光客から現金、貴重品を紛失したとの報告や苦情の増加を考慮して現在パトロール中です。

パタヤ警察によれば、先月の性転換者が行った犯行は認知しているだけで15件ある、と発表しています。ほとんどの場合がグループで約束事を決めて行動し、対象となる外国人と会話をしている隙に財布や高価な宝石類を盗む強引なものです。逃走用のバイクも用意しているため、計画的犯行は明らかです。

警察によると、レディーボーイは日頃から性衝動にかられていることが、暴力的な行動に繋がっていると説明しています。数少ない特別な嗜好を持った外国人を探し出し、純朴な側面を逆手に利用して現金を盗んでいなくなるケースが後を絶ちません。最悪のケースでは、インド人の男性がレディーボーイとホテルに宿泊してシャワーを浴びている隙に、外貨を含めて40万バーツと宝石類をすべて持ち逃げされました。さらにインド人の男性は、警察から女ではなく男である説明を受けて2重に青ざめたといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です