Home / タイ / [ビジネス] タイで事業営業ライセンスが必要な4種類のサービス業
[ビジネス] タイで事業営業ライセンスが必要な4種類のサービス業

[ビジネス] タイで事業営業ライセンスが必要な4種類のサービス業

アルコール類およびタバコの販売ライセンス

アルコールライセンスは、以下の目的のいずれかのために消費税局(財務省)から取得しなければなりません。

  • アルコール飲料の販売
  • アルコールを生成または関連機器の所有
  • アルコール飲料を輸入
  • 工場から非課税のアルコール輸送
  • 10リットル以上のアルコール輸送
  • 地域で条例が定められている場合は、10リットル未満のアルコール輸送

酒のライセンスを必要とする事業所

  • パブ
  • バー
  • レストラン
  • 蒸留器の輸入業者の販売代理店
  • ホテル
  • クラブハウス
  • 映画館
  • 食料品商店やコンビニエンスストア
  • 酒屋

アルコールライセンスの保持者は、以下の場合は20歳未満に酒類を販売することが禁止されます。

  • 深夜0時から午前11時まで、および午後12時から午後5時まで
  • 教育、宗教施設の付近
  • ガソリンスタンド内
  • 公共のレクリエーションのために政府が提供する公共の公園内
  • 公共の健康サービス施設内
  • ショップやクラブハウスとして建設されたものを除く、公共施設

事業所は、たばこを販売しようとする場合、消費税局にタバコ販売のライセンスを登録する必要があります。アルコールとタバコのライセンスは、毎年12月31日に更新する必要がありますが、申請は10月から随時受け付けています。

 

レストラン営業のための食品取扱業ライセンス

食品事業を開くにはビジネスを開始する前に、事業内容を整理して自分が法的に何を申請するのかハッキリさせましょう。取得するライセンスのタイプは、販売されることが意図されている製品またはサービスのタイプに依存します。料理を提供するのか、それとも販売する意図で事業所が必要なのか、ビジネスを展開する自治体や地区から食品取り扱いに関するライセンスを取得する必要があります。

提出からライセンス発行まで約2ヶ月程度かかる場合があります。例えば申請がレストラン施設なら、タイの自治体や地区から役員が派遣され、全体的な衛生設備を検査する予定が組まれます。

フードライセンスは1年間有効で、毎年更新する必要があります。

 

エンターテイメント事業のライセンス

娯楽サービスを提供したり、次のサービスのいずれかに従事しようとする事業所や企業は登録が必要。

エンターテイメント会場

  • 顧客を楽しませ、スタッフが顧客と交流することを可能にすることを目的とした、ショーやその他の活動を提供する場所
  • 歌うことで顧客から収益を得る装置を使い、スタッフが顧客と交流することを可能にする場所
  • ダンスフロアは持たないが、顧客が敷地内で踊りに興じる場所
  • 照明や音響設備を備えた場所
  • ディスコ、カントリーダンスを含む、上演や他の会場としてのダンス会場
  • 娯楽提供付帯のレストラン

エンターテイメントライセンスは毎年12月31日に更新する必要がありますが、申請は10月から随時受け付けています。

 

マッサージライセンス

マッサージ事業ライセンスは、スパやマッサージサービスに従事しようとする場合、プロジェクトの確立やビジネスを展開する自治体や地区からマッサージ事業者のライセンスを取得する必要があります。

マッサージの事業ライセンスの申請要件

  • マッサージ師、セラピストとして最短でも60時間の訓練と、国に登録されたマッサージ学校から有効なマッサージ証明書を持つスタッフ/マッサージセラピストがいること
  • 健康状態が悪いものへの注意喚起メッセージを表示
  • 自治体の担当者が行った衛生検査に合格
  • 更衣室を持っていること
  • 施設内部に救急医療用品を持っていること

マッサージ事業のライセンスは年間有効で、毎年更新する必要があります。

出典: Pattaya Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です