Home / タイ / タイでの商標登録は法的保護の鍵
タイでの商標登録は法的保護の鍵

タイでの商標登録は法的保護の鍵

タイでの商標登録は全員に必要というわけではありません。ただ、一度しておけば何かあった場合の法的保護が受けられるので、トレードマークを申請する必要があるかどうか読んで確かめてみてください。

 

商標とは何か

商標は特定のソースの製品やサービスを他と区別する認識記号、デザインまたは表現です。商標権者は、個人、ビジネス組織、または任意の法人とすることができます。

タイで認識される商標はどのような種類のものか

商標については団体標章、認証マーク、サービスマーク、をタイで登録することができます。

  • サービスの商標は、サービスの代わりに、製品に使用される特殊なタイプの商標です。企業とサービスを識別し、他人のサービスと区別するために、サービスに関するトレードマークを使用しています。
  • 認証マークは、プロダクトの起源、組成、製造方法、品質やその他の特性を証明するか、または自然、品質、種類、またはそのような他の特性を証明するため、他の商品やサービスに関連してトレードマークを使用するものです。
  • 団体商標はグループ企業、協会、協同組合、連合、グループ、または民間団体のメンバーによって使用される商標またはサービスのトレードマークです。

 

商標を登録することは義務付けられていますか

タイでは正式に商標を登録する必要はありませんが、考慮すべき多くの利点があります。

商標を登録する利点は何ですか

  • 商標を登録することは、会社の名前やロゴを保護し、マークの商標権者の排他的所有権を全国的に付与するよう、偽造と著作権侵害に対するより大きな法的保護を提供します。
  • 商標を登録すると、あなたの商標を使用する他の人を阻止できます。登録した商標は、同一又は類似の標章も含め、他のユーザーをにはすでに存在する商標として商標検索レポートに表示されます。
  • 商標を登録すると商標所有者に救済措置が講じられます。

 

どうやって商標登録をとることができるのか

商標登録の対象になるるためには、独自の言葉、デザインでなければならず、同様かまたは他の登録商標と紛らわしい類似点があってはなりません。商標は、タイ商標法の第8章で述べた任意の特性で構成されなければなりません。出願者又はその代理人は、タイでトレードマーク登録にあたって平常時に通話が可能な機能を持つオフィスや所在地を持っている必要があります。

タイの法律で登録できない種類のトレードマークとは

商標法の第8章によれば、以下の特徴を持つ商標は登録することができません。

  1. 武器、勲章、軍隊を想起するもの、王室のシール、公式シール、チャクリー(Chakkri)のエンブレム、王族のオーダーによるエンブレムや装飾の記章
  2. タイの国旗、王室の標準的な旗、公式の旗
  3. 王室の名前、王室の高貴な名前、王室のモノグラム、王室の略語、または名前、言葉、表現、用語、エンブレム玉座
    王室とはキング、クイーンまたは相続人を意味します。
  4. 国や公式のエンブレム、名前、モノグラムや外国、国際機関、および外国の国家元首の旗
    外国や国際機関の管轄役員により許可が与えられません。
  5. 公式エンブレム、赤十字やアペラシオン赤十字、ジュネーブクロスの紋章
  6. メダル、賞状、証明書、またはタイ政府や公営企業、タイ政府機関、その他の公共団体が構成する機関、外国政府による見本市や大会で受賞したもの、その他のマークに似たマーク、メダル、賞状、証明書、および出願人が授与されている商標、またはその組み合わせ
  7. 公の秩序、道徳、公共政策に反する商標
  8. 大臣通知が所定する広く知られているか、または公共的に混同される可能性があるマーク
  9. 地理的表示に関する法律の下で保護された地理的表示

 

商標の認定はどのくらいかかりますか

全体のプロセスは、出願日から約1年かかりますが、商標保護は申請日から開始されます。

商標保護の有効期間は

商標登録は、申請の出願日から10年間、所有者にトレードマークを保護する資格を与えます。その後は、10年間の満了前90日以内に更新することができます。商標登録の更新は、省令に定める規則と手順に従わなければなりません。

出典: Pattaya Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です