Home / タイ / 雇用者、被雇用者の労働許可6つの質問とおすすめ職業
雇用者、被雇用者の労働許可6つの質問とおすすめ職業

雇用者、被雇用者の労働許可6つの質問とおすすめ職業

労働許可を取得することの重要性とは

タイで仕事をしようとする外国人であれば、あなたが行う仕事が15日を超えない一時的なもので、かつ即時的に承認がされない限り、労働省が発行する労働許可証を持っていなければ、外国人雇用法の基に働くことは許されません。タイ省令による規定の規定に従って、仕事に従事する外国人は労働の地域、労働時間の長さ、仕事の性質、雇用者を定義した労働許可証を取得します。タイの就業規則に従わない場合は、罰金または懲役により処罰されます。

 

労働許可証を申請する資格を有する外国人とは

  • 非移民ビザを取得し、移民法に従ってタイ王国内に住所があり、かつ滞在が一定期間以上許可された査証を持つもの
  • 国王令B.E 2522に勅令で記載されているタイ人のための39種類の職業は、外国人の雇用が不可
  • 労働許可の申請に記載された作業を行うための知識、技能を持つもの
  • 重病、精神病等がないもの(ハンセン病、結核、薬物中毒、アルコール中毒等)
  • 申請日の以前1年以内に、移民法や外国人労働法違反により投獄さていないもの

外国人が必要とされるタイの代表的な仕事は何ですか

外国人に許される労働は、タイの国家安全保障やタイ人の就業機会が損なわれることがない仕事を条件に外国人が従事することが許可される。タイ国家の発展を理由に外国人労働者を呼び出している、という考え方が労働法の根底にあります。以下に、外国人が労働許可を受けやすい職種のいくつかを示します。

  • 外国語教育と翻訳
  • コンピュータと情報技術
  • エンジニアリング
  • 執筆、編集
  • 販売
  • ホテルやレストラン管理
  • ミュージック、エンターテイメント
  • 専門的なスキル
  • 事業主

労働許可の発行基準は

  1. 事業登録をしている事業主は、雇用する外国人労働者の労働許可を申請するのに、一人当たりで少なくとも200万バーツの払込資本金を用意する必要があります。労働許可証は、外国人労働者一人あたり200万バーツの払込資本金を登録すれば発行が許可され、事業登録した会社で10人までしか許可されません。しかし、特定の考慮事項があれば個別の状況で適用されることもあります。また、タイの国民と結婚している外国人の場合は、許可を得るために必要な投資資金の額が上記所定量の半分(100万バーツ)に低減されます。
  2. 雇用しなければならないタイ人の従業員の必要最小数については、外国人の従業員との比率を雇用者が維持する義務を負います。雇用の標準比は、外国人従業員1人に対してタイ人従業員4人です。
  3. 入国管理規則により定められる最低賃金要件に従わなければなりません。
  4. 企業は、納税と社会保障の義務を果たし、事業開発および収益部門は法律を遵守しなければなりません。遵守しない企業は、外国人を雇用するための労働許可証を申請する資格がないものと見なされます。

労働許可証の有効期間は

労働を許可する仕事の必要に応じてタイ王国は外国人に労働許可証を付与しますが、2年より長くないでしょう。申請時の雇用期間が一年未満である場合、労働許可は要求された期間よりも長くなりません。更新の申請は、就労許可の有効期限前に行われなければなりません。尚、期限切れになった場合は更新で許可を延長することはできません。新たな労働許可証を取得するために一から申請をし直す必要があります。

労働許可が許された地域以外で別種類の仕事に従事する場合、許可の申請は必要ですか

雇用者の職種を変更したり種類が増えるような場合は、省令にある規定、規則の手順に従って追加登録を行います。雇用者は労働許可証を持たない外国人労働者を採用したり、労働許可証に定義された条件以外の仕事で外国人を労働させることは禁止されています。法令違反の場合、罰金または懲役刑が課せられます。

出典: Pattaya Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です