Home / タイ / プーケット / オーストラリア人男性がサムイ島からバンコクまで、900キロを徒歩で移動!?
オーストラリア人男性がサムイ島からバンコクまで、900キロを徒歩で移動!?

オーストラリア人男性がサムイ島からバンコクまで、900キロを徒歩で移動!?

46歳のオーストラリア人男性のマイケル・ハミルはプミポン国王への追悼として、サムイ島からバンコクまでの900キロにも及ぶ道のりを徒歩で移動することに決めました。

彼は11月16日のビザ失効日の前にバンコクに到着することを目標に、サムイ島を今週の木曜日に出発しています。マイケルはサムイ島に滞在する前のタイ旅行中、ほぼすべての家庭、政府、民間事業所でプミポン国王の肖像画が飾られていることに興味を持って、独自に国王について調査をしたと述べました。このオーストラリア人観光客は調査によって、なぜ人々がプミポン国王をそこまで慕っているのかという理由を理解したと、タイのテレビ番組の取材に対して答えています。

タイを愛する観光客として、マイケルは母国に戻る前にタイの人々の最愛の王様に敬意を払うため、サムイ島からバンコクまで歩くことを決意したと言います。

木曜日に、スラタニ知事Oueychai Innarkはこのタイを愛するオーストラリア人に精神的な支援を与えるため、市の職員グループを派遣しています。スラタニの人々を代表して、知事はマイケルの献身性に感謝し、敬意を示しています。

彼の努力を高く評価するタイ人が寄付の提供を申し出てくれるとマイケルは言います。今回のチャリティーで貯まったお金はグランドパレスに到着した後、全額寄付される予定です。

三輪車でブリラムからバンコクへ

australian-walk-from-samui-to-bangkok1

また、84歳の体の不自由男性はプミポン国王への敬意として、ブリラムからバンコクに向かって、手駆動の三輪車で走行しています。

ブリラム出身の地元男性Parn Muenyote氏は10月17日にバンコクに向かって、三輪車を漕ぎだしました。今週の金曜日にはアユタヤに着いたという情報も入っています。ブリラムからバンコクに向かう道では警察やボランティアが食べ物や飲み物を提供し、彼に精神的な支援を送っています。

出典:Thai PBS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です