Home / タイ / レスターシティのタイ人オーナー、ウィチャイ・シーワタナプラパー氏とは?
レスターシティのタイ人オーナー、ウィチャイ・シーワタナプラパー氏とは?

レスターシティのタイ人オーナー、ウィチャイ・シーワタナプラパー氏とは?

レスターの本拠地であるキング・パワー・スタジアムの駐車場に価格約1,300万円のBMW i8が19台並んだ。

日本代表FWの岡崎慎司が所属することでも知られるイングランド・プレミアリーグのチーム、レスターシティ。去年、プレミアリーグを制した事で一躍脚光を浴びたそのミラクルチームのタイ人オーナー、ウィチャイ・シーワタナプラパー氏とは一体どういった人物なのだろうか?

vichai-srivaddhanaprabha

去年、レスターシティがプレミアリーグ制覇を成し遂げ、優勝した際には、選手たちに自腹で高級BMWをプレゼントする太っ腹ぶりを見せたウィチャイ・シーワタナプラパー氏は欧米での知名度に比べ、日本ではあまり知られていない。現在59歳のこのタイ人オーナーはタイで最も有名な免税店キングパワー(タイのプミポン国王から王室御用達として認定されている)の所有者兼会長でもある。資産は3.3億ドルを越え、フォーブス誌ではタイで7番目の富豪としている。三年間のシャツのスポンサー契約後の2010年8月、正式にレスター・シティのクラブのオーナーとなった。

2011年2月10日にはレスター・シティの会長にも選出され、現在はオーナー兼会長を務めている。またウィチャイ氏は、自身がCEOを務めるタイ企業キングパワーは今年タイ・エアアジアの株式の39%を購入し、最大の株主となった。私生活でも子供4人に恵まれ、まさにタイの成功物語を象徴するような男である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です