Home / タイ / 11月14日から、ナイトライフ(夜遊び)が通常どおりになる
11月14日から、ナイトライフ(夜遊び)が通常どおりになる

11月14日から、ナイトライフ(夜遊び)が通常どおりになる

プラユット首相はタイのナイトライフを11月14日から通常に戻す意向をテレビ番組で述べた。

プミポン国王の死を弔うために政府が発表した30日間の初期哀悼期間が終了する11月14日。プラユット首相は今週テレビ番組に出演し、期間終了後はバーやクラブなどのナイトライフを平常通りに戻す意向を示した。これまでは、音楽のボリュームを下げ、店内を暗くして運営していた場所も14日以降は通常営業を再開できるようだ。また、プラユット首相は記者団に対し、テレビも14日以降は平常時のテレビスケジュールに戻ることを報告した。

政府当局者は、ナイトクラブ、パブやバーの他、初期の30日間の服喪期間終了後にはイベントやコンサートも順次、通常どおり再開する予定であると述べた。

 

11月14日に開催されるロイ・クラトン祭りはどうなる?

バンコク首都圏庁の発表では、今年のロイ・クラトン祭りは当初の発表の通り、エンターテイメントや花火なしで行われるということだ。水の女神に敬意を払うために開催されるロイ・クラトン祭りのエンターテイメントを各地で見れないのは少し残念だ。公共の公園は伝統行事であるロイ・クラトンのためにオープンなるが、お祭りの類は一切期待できない。花火は公共の公園で禁止されており、人々は自然素材から作られたクラトンを使用することが推奨されていると、バンコクビズニュースは報じている。バンコク市内の公園もルンピニ公園、ベンチャシリ公園、サンティチャイトプラカーン公園など28ヶ所が当日はオープンになっているということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です