Home / タイ / タイの観光名所をドローン動画で巡る旅

タイの観光名所をドローン動画で巡る旅

ドローン、VR(バーチャルリアリティー)、自動運転車、AI(人工知能)、IoT、やがて生活を大きく変えてしまいそうな技術革新が、凡人には分からない場所でどんどん進んでいる気がしてなりません。インターネットを利用した映像で脳内観光する時代が来るのでしょうか。

 

Phu Thap Boek

バンコクから450kmほど真北のペッチャブーン県に位置する県で最も高い山。ここからはペッチャブリー県の全域を見渡すことができる絶景ポイントが目的地です。Phu Thap Boekは海抜 1768メートル(5800フィート)で、動画にもある通り展望台の高さは1667メートルです。

この神聖な山には、ミャオ族の住民が生活をしています。その昔、彼らはアヘンを生産するためにケシを栽培することが古来からの役割でした。今では裏稼業となり、現象しつつある中国系の山岳民族で、タイ以外のアジア各地に点在しています。

 

カトリック大聖堂 The Diocese Chanthaburi

チャンタブリーのカトリック大聖堂はタイ国内で最も大きく、権威がある宗教施設で、高く伸びる2本の塔は街の象徴にもなっています。10年に渡るフランスのチャンタブリー支配の間、1909年に巨大なベルが付けられました。教会の外観はクラシックなゴシック様式です。

平日は午前6時から午後7時まで。日曜日は午前8時30分からオープンです。

 

サンクチュアリーオブトゥルース

サンクチュアリーオブトゥルースは、北パタヤのウォンアマットビーチに建造されている総手彫り木造建築の神聖なる寺院です。20年以上にわたり建設中ですが、まだ完成までは15年かかると言われています。

サンクチュアリーオブトゥルースは木材のみから作られ、すべての繊細な彫刻が手作業で行われています。巨大な建物は100メートル以上の高さを持ち、北パタヤの海を見渡1エーカーの面積にそびえ立つ姿が沈む夕日に映えます。

 

パノムルン歴史公園

パノムルン歴史公園にはタイで最も規模が大きいクメール遺跡が残されており、タイ東北部(イサーン)でも最大の観光名所となっています。パノムルンはクメール語で大きな丘、を意味しており一年に一度だけ遺跡に差し込む光が一点に集まり、幻想的な景色がパノムルン遺跡内に広がると言われています。

 

タイの結婚パーティー

ドローンで結婚式を上空から撮影するサービスが人気を得ています。日本と比べて開放的で華やかに感じます。自由な空気で愛を誓う二人にタイの結婚式がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です