Home / タイ / 新世代、フラッシュパッカーの増加でホテル業が急成長の東南アジア

新世代、フラッシュパッカーの増加でホテル業が急成長の東南アジア

東南アジアが観光トレードで急成長を遂げている。”第二世代”の料金は控えめで高級なホテル(以下、高級ホステル)が、広範な人口統計を集めている。観光業の経済効果は新たな上昇セグメントに入った。1,200以上の不動産物件が約52,000ユニットの市場規模で新しく改良され、昔からあるホテルのリニューアル、設備投資が加速している。

ホスピタリティコンサルティンググループC9ホテルワークス、が発表した東南アジアのホテル市場動向レポートによれば、2015年から今年第3四半期の間にflashpacker(バックパッカースタイルを少し裕福に、テクノロジーを加えて新たな発見を創出する自由旅行スタイル)カテゴリーの旅行者が42%急増しました。タイ、マレーシア、ベトナムは、この地域で上位3位を占め、インドネシアは前年比73%の伸びを示している。

C9マネージングディレクターのBill Barnett氏は、この状況について次のように語っています。

「東南アジア全体でホテルは1部屋あたりの料金で計算されます。全体の調査では、既存のホテルと高級ホステルの宿泊施設モデルを並べて比較すると、高級ホステルの宿泊施設の平均宿泊料金は、既存のホテル平均宿泊料金と一致していることがわかります。」

さらに多くのアナリストを驚かせたのは、今もなお、創造的にデザインされたユニットを提供する高級ホステルの成長が止まらないということです。

「結局のところ、低級から高級まで宿泊施設に様々な料金帯と質が異なるタイプがあることは、それだけで旅行者にとって魅力的なことなのです。高級タイプのホステルは、アジアで経済市場を牽引するLCC格安航空会社の軌道を活用するように設定されています」とBarnettは付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です