Home / タイ / タイランド4.0について知っておくべきこと

タイランド4.0について知っておくべきこと

タイ政府は、中所得国の踊り場から抜け出し高所得国として発展させるための新しく、機動的な経済的モデルとして、「タイランド4.0」の推進を熱心に取り組んでいる。ドイツが先駆けて工場のあらゆるものをインターネットで接続し、AIが指令を出して自動化するIndustry4.0をもじったスローガンなのは明らかだ。経済・ビジネス予測センターの調査によれば、半分以上の企業がよく分からないと答えた「タイランド4.0」を今日は解説しよう。

タイランド4.0とは

第1のモデル「タイ1.0」では、農業分野に重点が置かれた。第2のモデル「タイ2.0」は、軽工業に焦点を当て、低所得国から中所得国へと成長するのに役立った。第3のモデル「タイ3.0」は、現在も継続的で経済成長のための重工業を重視した経済政策で、ここまではいわゆる第1次産業からの流れと同じです。タイ政府は、新しい経済スローガンとして「タイ4.0」を宣伝することに熱心に取り組んでいるが、インターネットを使って観光大国に何が出来るか、何をもたらすか注目が集まる。

中所得国が抜けられない罠

「中所得国トラップ」とは、中所得水準に達した国の成長が減速する状況を指します。タイのような中所得国は、生産力を重視して低賃金競争で圧迫されている。その他方で、タイは急速な技術導入により産業の変化で経済を支配する豊かな国でもあります。言い換えれば、タイは、安価で未熟な労働力が豊富な国から移行し、次のステップを歩み始めています。

タイランド4.0はモノベースから価値ベースの経済へ

タイ4.0は、環境と社会の不均衡を効果的に処理するため、「価値に基づく経済」に焦点を当てています。プラユット首相は、タイ4.0には経済と生産の大きな変化を示す以下の3つの要素があると説明した。

高所得国になる

第1の要素は、知識ベースの経済として国を発展させることによって、高所得国に強化することを狙う。研究開発、科学技術、創造的思考、など教育面に重点を置いています。

包括的社会に向かって

第2の要素は、タイが繁栄を重視した「包括的社会」へと移行する。

持続的な成長と発展

第3の要素は、自然環境を維持しての経済成長と持続可能な発展。今後は浮き沈みに流されず、「持続可能な成長と発展」に焦点を当てて国を改革します。

“less for more”と “more for less“

タイ4.0の新しいモデルは、伝統的な農業からインターネット技術を使ったスマート農業に変えることです。中小企業はスマート企業に、伝統的なサービスを残してより高価値のサービスに変化させる。それは、もったいないから削減する、というよりも、削減することで増やす、といった価値の創造なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です