Home / タイ / バンコク / TIMEのベスト発明リスト25に、バンコクのサッカー場がノミネート

TIMEのベスト発明リスト25に、バンコクのサッカー場がノミネート

バンコクの中心にあるクロン・トーイ地区は多くの建物に囲まれた地域のため、子供たちがサッカーをすることができる新しい公園をつくるスペースがどこにもなかったという。そこで、不動産会社のAPタイは別のアプローチを取った。APタイが発明した新しい公園、クロン・トーイ地区(Khlong Toei)の未使用スペースに作られた、珍しい非長方形のサッカー場(写真上)は今年の10月、タイのメディアが取り上げ話題となっていた。また、革新的な分野に関する発想と取り組みは、共通の都心の問題を解決するための価値あるアプローチの一例として、世界中のメディア・アウトレットによって好評を得た。不動産開発会社のAPタイとデジタル代理店CJウォークスが作成したフィールドは、厄介な形をした4つの未使用スペースを利用し、設計されている。改装される以前はゴミ山だったスペースをコンクリート、塗料、滑り止め材、仕上げ材などで覆いサッカー場に生まれ変えるこの新しいアイディアを形にしたAPタイの代表は「新しいこのスペースは子供達の人生を変えることができると強く信じており、地域一体となって目標を達成することができたことも大きい」と述べている。

クロン・トーイ・サッカー場は、権威あるTIMEの革新をもたらすリスト25・2016に、浮上する電球、折り畳み式自転車ヘルメット、バーチャルリアリティヘッドセット、大麻払いペン、スニーカーと人工膵臓などと一緒にノミネートされた。

今年初めにオープンした最初の2つのフィールドは、既にこの地区に住む子供達で賑わっているという。さらに今月、APタイは3番目のサッカーフィールドを開く予定となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です