Home / タイ / コワーキングスペースが労働力に与える影響

コワーキングスペースが労働力に与える影響

コワーキングスペースが局地的に増えているバンコクでは、現在もオフィスを持つ多くのオーナーがこれらの変化に適応するべくこの新しいスタイルの作業環境を市場に登場させています。

コワーキングスペースを利用する多くの企業はベンチャーです。個人、グループが働く環境としてコワーキングスペースが需要を伸ばしてきたのが現状です。場所に捉われない労働者が今後も増加すると見られており、2020年までに労働者の40%がフリーランス、起業家、及びそれらの請負業者になると予測されているため、変化に追いつくため古くからあるオフィススタイルからコワーキングスペースへの移行が重要と見られます。

現在、コワーキングスペースで仕事をする企業の労働者(以下、コワーカーと呼ぶ。)平均年齢は40歳未満です。変化に柔軟な対応をする若い世代が、ベンチャー企業では重要な役回りになっています。

 

コワーカー(co-workers)から得た統計結果

  • 92%: 職場環境に満足
  • 91%: 職場で良い交流
  • 90%: コワーカーに自信を持つ
  • 70%: 古いタイプのオフィス環境に比べて健康的に感じる
  • 68%: 作業に集中出来る
  • 64%: 時間通りにタスクを完了できる
  • 60%: リラックス、ストレス軽減
  • 50%: コワーカーになって給料が増した

従来企業はこの驚くべき統計に注目しています。コワーキングスペースという空間、仕事の方式は、Googleの革新的な職場環境として世界に知られました。さまざまなチームの人々が一日を通して「衝突」し、コミュニケーションをとりながらアイデアの創造を目的としています。コワーキングスペースの概念は、労働者が机に座らされて頭を下にする古い学校、オフィスとはまるで違います。

人々は、仕事と生活のバランスを追求し続けてきました。数年後を見据えたコワーキングスペースの登場は、人々が求める理想の生活、労働環境になり得るのでしょうか。今後も動向に注目が集まります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です