Home / タイ / タイ移住生活で電気代を減らす5つの方法

タイ移住生活で電気代を減らす5つの方法

エネルギー効率やエコは、タイの大きなビジネスチャンスであり、エネルギー消費を削減するグリーン認定資格の基準で建設されたコンドミニアムプロジェクトは、経済の流れから必然的に発生したものです。

そのように特別な設計ではないマンションまたはヴィラであっても、ちょっとした工夫で電力コストを削減できる方法があります。電化製品を使用していないときに電源を切り、電気は小まめに消し、電球をエネルギー効率の良いものに交換すること以外にも考慮すべきことがあります。

 

1. 空調、空気清浄機の清掃、点検、整備

タイで一般的に高電力料金の主な原因とされるのが空調設備です。エアコン、空気清浄機は定期的に清掃し、点検、整備してください。新鮮な空気を循環させ、より効率的にエアコンを使用できます。

 

2. 最新家電に置き換える

電化製品を捨てて、新型の家電と置き換えることは無駄に思えるかもしれませんが、新しいモデルが最新技術の導入でエネルギー効率に優れていることは間違いありません。より優れた製品を使えて尚かつ電気代も減らすことができます。

 

3. 断熱性のカーテンで自然に室内を冷やす

カーテン、ブラインドにはインテリアの保護と太陽熱を遮る効果があります。断熱性を持つブラックライナーをカーテンと合わせて取り付ければ、日中の時間帯にエアコンの設定温度を低く設定する必要はありません。

 

4. 外部の水タンクで熱を利用する

外部の水タンクを設置すれば、タンクの中の水が日中に温められてシャワーで使えるほど暖かくなります。水不足など、もしものときの貯水にもなるので、設置する場所、予算があれば検討してみてください。

 

5. バスタブ自動湯沸かし

バスタブにお湯を毎日貯めれば、水道、電気、ガス料金は当然高く付きます。サーモスタット(温度感知機能)が付いた全自動湯沸かし付きのバスタブであれば、効率良く無駄がないエネルギー消費でお湯をキープできます。

 

節電を地球規模で考えて身近なところから電気料を減らす努力をしてみましょう。

日頃から意識して生活すれば、2〜3割ほどの電気代削減につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です