Home / タイ / バンコク / バンコク観光は予算を意識する旅行者の間で人気トップ

バンコク観光は予算を意識する旅行者の間で人気トップ

観光客がバンコクを好きになる理由はたくさんあります。食べ物、タイ文化、歴史遺産は言うまでもなく人気がありますが、都市観光での人気は手頃な価格で楽しめるから、という理由が多いようです。旅行情報の最大手Webサイトのトリップアドバイザーは、今年末ホリデーシーズンや、週末をアジアで休暇を過ごす最もお得な目的地はバンコク、と記載しています。

ホテル、航空券、食事、ツアーなどを含めたバンコクへの1週間の平均旅行費用は、43,541タイバーツです。フィリピンの都市は、タイの首都に次ぐ2番目と3番目はフィリピンのセブとルソンでした。バリとプーケットはトップ10に入りました。1週間の旅行で各都市を訪問する平均費用は、ホテル滞在7泊分、平均の全国往復航空運賃、現地ツアーとアクティビティを2回、1日3回の食事の費用を加算して算出します。

「このレポートは、新年に休暇を予定している旅行者にとって、また2月の旧正月やバレンタインデーで海外旅行を計画する人たちに便利です」とアジア太平洋地域のトリップアドバイザーディレクターのJanice Lee Fang氏は説明します。「豪華なホテルやアクティビティーを予約する適切、最善な時期についての洞察も提供する」と付け加えました。

バリは最も安価と言うわけではありませんが、休日・イベントシーズンにアジアで過ごす最も人気の目的地ベスト10に入っています。他に人気がある観光地は東京、シンガポール、ボラカイ、プーケット、セブ、ソウル、そしてトップに選出されたのはルソン島、香港、バンコクという順番です。リストの中で最も高価な都市は7日間の旅行で70,431バーツを要しました。トリップアドバイザーは、訪問者に最も安価な1週間という点を強調するだけでなく、観光客が高評価のホテルやツアーを見つけるのに役立つツールを提供し、旅行中にお金を節約する情報源として役立ちます。

出展:  DD Property

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です