Home / タイ / バンコク / バンコクの商業ビル崩壊のその後

バンコクの商業ビル崩壊のその後

バンコク市の救助隊員は、バンコクのスクンビットソイ87の倒壊した建物の瓦礫から2人の現場労働者の遺体を回収するために、重機を使用してコンクリートの塊を取り除いた。タイ警察は、先週の金曜日に起きたバンコクの8階建てビルの崩壊の責任者である解体業者のマネージングディレクターとエンジニアを告発した。このバンコクの8階建てビルの崩壊で最終的に4人の現場労働者が死亡する重大事故となった。親会社であるボーイオーシャンスターカンパニー(Boy Ocean Star)は、事件後、解体作業は別の会社であるメガツールズ(Mega Tools)に委託していたと主張した。しかし、タイ警察は、ボーイオーシャンスターカンパニー(Boy Ocean Star)のマネージング・ディレクター、マナ・カウメニーと、同社のエンジニアのキットティポン・ユータイロモンを事件の首謀者だとして非難した。両者とも不法行為を否認し、それぞれ12万バーツの保釈金で釈放された。親会社であるボーイオーシャンスターカンパニー(Boy Ocean Star)のマネージャーによると、10月11日にメガツールズ(Mega Tools)の責任者を通して仕事の引き継ぎを行い、11月7日からスクンビットソイ87(Sukhumvit Soi 87)にある車のショールーム(事故現場)の解体を開始したとされる。同氏は、ボーイオーシャンスターカンパニーは事件に直接関与していないにもかかわらず、被害者の家族を支援する準備をしていることを強調した。12月19日、バンコク首都圏庁(BMA)は、作業員を派遣し、崩壊したビルの瓦礫の下に閉じ込められているとされた残り2人の遺体を回収した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です