Home / タイ / バンコク / バンコクで密輸された2匹のオランウータンが救出される

バンコクで密輸された2匹のオランウータンが救出される

インドネシアから密輸されたと考えられているオランウータンは、タイ警察によりバンコクの動物密輸業者と思われる男の手から無事、救出された。逮捕されたタイ国籍の男(Jirapat Manasthitikul)は、 国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種にも指定されているオランウータンを不法に密輸し、販売しようとした疑いが持たれている。同容疑者は買い物客のふりをした国立公園・野生動物・植物局の2人の職員にオランウータンの取引現場を抑えられた。囮捜査では2匹のオランウータンは70万バーツで取引されることになっていた。国立公園・野生動物・植物局の職員によると、保護されたオスとメスの赤ん坊オランウータンは2匹共健康であるという。また、この保護された2匹のオランウータンの赤ん坊はラーチャブリー県(Ratchaburi)の政府が運営する動物繁殖センターに移送されたことが、タイのテレビ局Thai PBSから報告されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です