Home / タイ / プーケット / クラビ空港はLCC増便に対して拡大

クラビ空港はLCC増便に対して拡大

空港担当部門は、プーケットエリア全域で増加する格安航空会社の航空便に対応するため、クラビ空港の航空機処理能力を拡大する予定です。この動きは、タイ政府交通大臣のArkhom Termpittayapaisith氏が設定するポリシーに沿うものです。Arkhom Termpittayapaisith氏は、クラクシー空港を混雑で飽和状態のプーケット空港のバックアップ施設として使用することを目的としています。

クラビ空港は、年間300万人の旅客を取り扱うものとして容量が設計されていましたが、利用者数は年を追うごとに増え続けています。クラビ空港長を務めるChula Sukmanop局長は、昨年空港を利用した乗客数が前年比で30%増加したと語りました。チュラ氏は、「LCC航空会社が多くの定期便運航を開始し、空港のアップグレードには25億バーツ以上の費用がかかるため、現在財政的な改善を求めている」と、付け加えました。

また空港部は、ベトン地区に新しい空港の建設を計画中で、プーケット空港の新しい旅客ターミナルの建設は工事を完了し、6月に新ターミナルの運用が開始しました。

空港の拡大、旅行客、訪問者数の増加は、不動産価値を高め投資効果に良い影響が出ると見られます。

出典: Bangkok Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です