Home / タイ / パタヤ / ウタパオ国際空港の拡張計画による恩恵とは

ウタパオ国際空港の拡張計画による恩恵とは

パタヤは世界各国からの訪問者数が毎年増加し、いまや観光立国タイを代表する人気観光都市となりました。パタヤを含めたチョンブリー県は既にバンコクに次ぐ全国第二位の経済都市となっています。したがって、パタヤ近郊のラヨーン県にあるウタパオ国際空港が拡大していくことは特に驚くことではないでしょう。ウタパオ国際空港では既にエアーアジア(AirAsia)、バンコクエアウェイズ(Bangkok Airways)、チェンマイ国際空港を拠点とする航空会社カン・エア(Kan Airlines )などの国内の人気航空会社が就航を行なっています。国際便は主にASEAN諸国を中心に、中国などへの便を増加させています。2016年の初め、ウタパオ国際空港を利用した乗客数は約80万人でした。空港拡張計画には49の新しい区画と2つの新しいボーディング・ブリッジが含まれています。空港の拡張が完成すると、毎年、空港を利用する乗客の数は300万人を超え、年間62,000以上のフライト数となる予定です。ウタパオ国際空港は未来のための大きな計画を持っており、これらはパタヤなどの観光スポットにとって大いに有益です。すでに中国とロシアの空港に出入りするフライトはたくさんありますが、他のヨーロッパの航空会社にもウタパオ空港の利用を促すことが目的です。これにより、より多くの国際的な訪問者がウタパオを中心として、ラヨーン、パタヤなどの観光地を訪れるようになり、周辺地域の観光業が活性化します。近年では、空港周辺のインフラ整備も積極的に行い、空港から周辺地域へのアクセスもミニバンやタクシーを利用することで、ホテルまでの移動時間が大幅に短縮されました。今後、数年でウタパオ空港の拡張が進み、周辺地域はその経済的恩恵を享受することが確実視されています。

タイの投資委員会(BOI)は当然のことながら、ウタパオ国際空港の拡大計画に喜んでおり、これは既に繁栄している地域経済にとって、さらに大きな助長と見なしています。 GE、Chromalloy、Triumphなどの航空業界に関連している多くの大企業は、同国の高度に熟練した補助産業を活用して、タイ、特にイースタンシーボード(Eastern Seaboard)に多額の投資を行っています。「航空宇宙と航空はタイの主要産業です。ウタパオ国際空港の商業用交通およびメンテナンスと修理のための拡張は、タイの航空産業をさらに活発化させるでしょう。」と、タイ北部投資委員会のコルブシリ・イムズリ(Korbsiri Iamsuri)取締役は語っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です