Home / タイ / タイ南部の洪水、長引けば最大34億ドルの被害
タイ南部の洪水、長引けば最大34億ドルの被害

タイ南部の洪水、長引けば最大34億ドルの被害

タイ商務省は17日、同国南部を中心とした大雨による洪水について、2─3カ月続けば、被害額は850億─1200億バーツ(24億─34億ドル)に達する可能性があるとの見方を示した。これは、国内総生産(GDP)の0.5─0.7%に相当するという。一方、商務省によると、今後1─2週間で終息した場合には、被害額は約100億─150億バーツ(対GDP比0.1%)に収まる見通し。同省は、観光業への影響はさほど大きくないとし、ホテルのキャンセル率は10─20%程度にとどまっている、と明らかにした。タイ中央銀行のウィラタイ総裁は先週、タイ南部の洪水が2011年の洪水と同規模になるとは予想していない、と語った。

ロイター通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です