Home / タイ / バンコク / スワンナプーム国際空港で空港職員による300人規模のストライキ発生!

スワンナプーム国際空港で空港職員による300人規模のストライキ発生!

2月5日(日曜日)の午後8時頃、スワンナプーム国際空港の荷物用X線装置の業務を請け負ったLoxley Coの子会社で空港セキュリティと手荷物チェックサービスを提供するアジアセキュリティマネジメント社の従業員およそ300人程がスワンナプーム空港1階にあるアジアセキュリティマネジメント社の事務所前で抗議活動を行った。ストライキを起こした労働者たちは基本給与を月に9,000から9,300バーツに増やし、技能やその他の手当、時間外手当、旅費、福祉給付の増加を望む声明を出し、労働条件の改善を求めた。アジアセキュリティマネジメント(ASM)社のゼネラルマネジャーであるカン・トンヤイ(Kan Thongyai)氏は、5日、同日の夜、ストライキを行う従業員と交渉に出たが、合意には至っておらず、この要求は高すぎて容認できないと述べた。ストライキは同日の真夜中に及び、2月6日(月曜日)も抗議を続けるとストライキを行う従業員たちは述べている。アジアセキュリティマネジメント(ASM)社の従業員のストライキで放棄された空港業務には、ドンムアン空港の約50人のX線ユニットスタッフ、スワンナプーム空港内のスタッフ、プーケット空港からの40人のスタッフが当たり、現在、スワンナプーム国際空港運営サイドによる事態の収縮が図られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です