Home / タイ / バンコク / Jリーグがタイで見れる!「トゥルー・ビジョン」で6月から放送予定
Jリーグのテレビ放送が発表された5月18日の会見の様子
Jリーグ プレスリリース|Jリーグのテレビ放送が発表された5月18日の会見の様子

Jリーグがタイで見れる!「トゥルー・ビジョン」で6月から放送予定

タイの衛星ケーブルテレビ大手放送局「true visions」が5月18日(木)タイの首都バンコクで会見を行い、日本のJリーグ(J1・J2)を今年6月から放送を開始すると発表した。会見にはタイサッカー協会会長のソムヨット・プンパンムアン氏、タイ代表のチャナティップ・ソングラシン選手などが出席し、日本からはJリーグホールディングス代表取締役社長の小西孝生氏が出席した。ソムヨット会長は、Jリーグをアジアで最も知名度が高く成功したリーグと評し、その期待を語った。

放送される試合はJ1リーグは1節につき3試合、J2リーグは1節につき1試合を予定し、YBCルヴァン杯や富士ゼロックススーパー杯などのカップ戦も含まれるという。毎週、土曜日と日曜日の午後2時と午後5時に、True Sport HD2、True Sport HD3、True Sport6の3チャンネルでライブ中継を予定している。タイでのJリーグの注目度は、タイプレミアリーグで活躍する「タイのメッシ」の異名をもつ人気サッカー選手、チャナティップ・ソングラシン(23)のJ1北海道コンサドーレ札幌への今夏の移籍が決定したことで、さらに高まっている。

「トゥルー・ビジョン (true visions)」は、ヨーロッパの人気リーグであるイングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエAに加え、アメリカのメジャーリーグサッカー 、タイ国内のトヨタ・タイ・プレミアリーグ、UEFAチャンピョンズリーグ、ヨーロッパリーグなど、数字が取れそうなサッカー試合のみを放映していることからも、Jリーグへの期待を伺うことができる。

▼詳細はこちら▼
https://www.jleague.jp/release/post-48948/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です