ビジネス・起業 – タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 http://thai-news.biz タイで『今』話題の最新ニュースを掲載。在タイ邦人向けニュースサイト「タイニュースビズ」でバンコク、パタヤ、プーケット、チェンマイ、タイ全国のニュース(政治、経済、治安、天気、旅行、スポーツ、料理、ブログ、生活情報など)をチェック! Sun, 10 Sep 2017 19:49:38 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.8.6 123763480 LINE初のテーマパーク「LINEビレッジ」がバンコクに登場! http://thai-news.biz/2017/06/19/line-village-open-in-siam-square-1/ http://thai-news.biz/2017/06/19/line-village-open-in-siam-square-1/#respond Mon, 19 Jun 2017 15:18:18 +0000 http://thai-news.biz/?p=28214 19日、LINEは年内にBTSサイアム駅すぐそばのショッピングセンター「サイアムスクエア」1階に遊戯施設「LI …

投稿 LINE初のテーマパーク「LINEビレッジ」がバンコクに登場!タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
19日、LINEは年内にBTSサイアム駅すぐそばのショッピングセンター「サイアムスクエア」1階に遊戯施設「LINEビレッジ」を開業すると発表した。まずは今月23日、LINEの人気キャラクターグッズを販売する店舗からオープンとなる。延べ床面積1500平方メートルの施設内には、LINEキャラクターのグッズショプに続き、仮想現実(VR)を体験できるアトラクション施設や写真撮影施設、LINEキャラクターの部屋を再現した施設などが順次、設置される予定。

タイは海外からの観光客が多く、LINEの利用率も日本に次いで高いことから、世界初のLINEのテーマパーク「LINEビレッジ」の開設地に選ばれた。年間1,200万人の来場を目指し、テーマパーク開発に5億バーツを投資したLINEは「LINEビレッジ」を今後、タイの主要な都市に展開していくことも視野に入れている。

バンコク・サイアムスクエア1階にオープンした「LINEビレッジ」外観
バンコク・サイアムスクエア1階にオープンした「LINEビレッジ」外観

 

「LINEビレッジ」で販売されているLINEキャラクター商品
「LINEビレッジ」で販売されているLINEキャラクターグッズ

投稿 LINE初のテーマパーク「LINEビレッジ」がバンコクに登場!タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/06/19/line-village-open-in-siam-square-1/feed/ 0 28214
タイの富豪トップ50のリスト「タイ長者番付2017」が発表 http://thai-news.biz/2017/06/05/thailand-billionaires/ http://thai-news.biz/2017/06/05/thailand-billionaires/#respond Mon, 05 Jun 2017 16:33:40 +0000 http://thai-news.biz/?p=28158 アメリカの経済誌フォーブスは3月20日、資産総額10億ドル以上の「ビリオネア」をランク付けした2017年版世界 …

投稿 タイの富豪トップ50のリスト「タイ長者番付2017」が発表タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
アメリカの経済誌フォーブスは3月20日、資産総額10億ドル以上の「ビリオネア」をランク付けした2017年版世界長者番付を発表した。その後、各国の長者番付を行なっていくのが恒例のフォーブスは、フォーブス・アジアの2017年6月号に、2017年度のタイの富豪トップ50を発表した「タイ長者番付」を掲載した。このリストは、個人及びその一族の総資産でランク付けを行っている。その報告では、2017年のタイの富豪トップ50の総資産は2016年度から16%増加の1,216億ドルと推定された。

1位のCPグループの総資産は215億ドルと推定され、昨年から資産を30億ドル増やした。CPグループの創業者でもあるタニン・ジアラワノン(謝国民)氏(77)とその一族はタイで食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)や通信大手トゥルーの経営に携わっている。2位には154億ドルでアルコール飲料最大手タイビバレッジの創業者であるジャルーン・シリワタナパクディー(蘇旭明)氏(73)が、3位には153億ドルでセントラルやロビンソンといった大型ショッピングモールを経営するセントラル・グループのジラティワット(鄭)家が、4位には139億ドルで栄養ドリンク剤「レッドブル(クラティンデーン)」の創業者であるチャルーム・ユーウィタヤー氏(66)が、5位には47億ドルで免税店最大手キングパワーの創業者で、英プレミア・リーグのサッカーチーム「レスター・シティ」のオーナーでもあるウィチャイ・シーワタナプラパー氏(59)が、それぞれ選ばれた。

▼詳細はこちら(英語)▼
https://www.forbes.com/thailand-billionaires/list/

タイ長者番付の1位〜10位
Forbes Asia|2017年度 タイ長者番付の1位〜10位

投稿 タイの富豪トップ50のリスト「タイ長者番付2017」が発表タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/06/05/thailand-billionaires/feed/ 0 28158
エレファントネーチャーパークの新しい子象が可愛すぎると評判 http://thai-news.biz/2017/05/30/elephantnaturepark-welcome-new-baby-elephant/ http://thai-news.biz/2017/05/30/elephantnaturepark-welcome-new-baby-elephant/#respond Mon, 29 May 2017 17:22:59 +0000 http://thai-news.biz/?p=28125 タイの北部チェンマイ県のメーテーン郡にある象の保護施設「エレファントネーチャーパーク」は1996年の設立以来、 …

投稿 エレファントネーチャーパークの新しい子象が可愛すぎると評判タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
タイの北部チェンマイ県のメーテーン郡にある象の保護施設「エレファントネーチャーパーク」は1996年の設立以来、200頭以上の虐待された象や捨てられた象たちを保護している。チェンマイ市内から車で一時間ほどの距離にある美しいテーン川の渓谷に囲まれた広大な敷地では、劣悪な環境で育てられ、調教師に受けた虐待によってトラウマを抱える象たちが日々、平穏に暮らしている。

このゾウ保護施設に、5月25日、人間の虐待によって生まれてすぐに母親を失った子象が移送された。調教師の虐待から救われた「ドク・ゲーウ(Dok Gaew)」と名付けられた小象はラムパーン県にある象の保護センターで1歳9ヶ月まで育てられた後、エレファントネーチャーパークへの移送が決定した。到着した際には、他のゾウからの熱烈な歓迎を受け、その様子が映った動画は大きな反響を呼んだ。

エレファントネーチャーパークは持続可能なビジネスモデルとして、多くの保護団体が参考にしている。ホームページなどでの積極的なPR活動を通して、象と触れ合う機会を訪問者に提供することで、ソーシャルビジネスとして成功を収め、現在ではタイ国内とカンボジアの4カ所で経営を行っている。

子象「ドク・ゲーウ」到着時の熱烈な歓迎シーン

▼エレファントネーチャーパークの公式ホームページ(英語)▼
https://www.elephantnaturepark.org

投稿 エレファントネーチャーパークの新しい子象が可愛すぎると評判タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/05/30/elephantnaturepark-welcome-new-baby-elephant/feed/ 0 28125
タイ北部チェンマイで軍鶏の高額取引が成立 http://thai-news.biz/2017/05/24/fighting-cock-sold-for-b1-million/ http://thai-news.biz/2017/05/24/fighting-cock-sold-for-b1-million/#respond Wed, 24 May 2017 15:49:57 +0000 http://thai-news.biz/?p=28056 タイ北部チェンマイのサーラピー郡にある農場で100万バーツの軍鶏が誕生した。地元の闘鶏で3連勝の記録を持つ生後 …

投稿 タイ北部チェンマイで軍鶏の高額取引が成立タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
タイ北部チェンマイのサーラピー郡にある農場で100万バーツの軍鶏が誕生した。地元の闘鶏で3連勝の記録を持つ生後16ヶ月、体重2. 6キロの若い雄の軍鶏は「サムアン軍鶏農場(Sum-an fighting cock farm)」で誕生した。この農場では50羽の軍鶏が飼育されており、優秀な血統をもつ鶏同士の交配を行なっている。今回、100万バーツで取引された軍鶏は、タイとミャンマーの交配種にあたるという。農場所有者のチャーナローン・チューンジット(Charnnarong Chuenjit)氏(36歳)は、現地メディアの取材に対し、この鶏を1歳未満のときに購入し、80,000バーツを支払ったことを報告している。その後、地元の闘鶏大会に出場し、強い勝ちっぷりで3連勝したことにより、その市場価値を高めた。

この軍鶏の新しい所有者となった同じくチェンマイのサーラピー郡に農場をもつセクサン・ナンタ(Seksan Nanta)氏(30歳)は50万バーツから交渉を始め、最終的に100万バーツを支払うことで、合意に至った。同氏は、この軍鶏のファイトスタイルに特に感銘を受けたことを購入を決めた理由にあげた。今後は、この軍鶏と自らが所有する400万バーツに相当すると言われる雌鶏を掛け合わせ、最強の軍鶏を生み出すことを夢見ている。

軍鶏の取引成立後
Cheewin Sattha|セクサン・ナンタ氏(左)、チャーナローン・チューンジット氏(右)

投稿 タイ北部チェンマイで軍鶏の高額取引が成立タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/05/24/fighting-cock-sold-for-b1-million/feed/ 0 28056
FOMM、アマタナコーンに小型電気自動車を量産するための工場を建設予定 http://thai-news.biz/2017/05/23/fomm-to-make-evs-in-new-thai-plant/ http://thai-news.biz/2017/05/23/fomm-to-make-evs-in-new-thai-plant/#respond Tue, 23 May 2017 16:17:29 +0000 http://thai-news.biz/?p=28063 日本(川崎市幸区)の小型の電気自動車(EV)開発ベンチャー企業、株式会社フォム(FOMM)は、今年6月からタイ …

投稿 FOMM、アマタナコーンに小型電気自動車を量産するための工場を建設予定タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
日本(川崎市幸区)の小型の電気自動車(EV)開発ベンチャー企業、株式会社フォム(FOMM)は、今年6月からタイで量産を始め、同年秋には販売を開始する予定のコンパクト・エレクトリック・ビークル(EV)の組立工場をタイ東部のチョンブリー県に位置するアマタ・ナコン・インダストリアル・エステート(Amata Nakorn Industrial Estate)に建設する計画を立てている。同社の鶴巻日出夫社長はこの工場に2億600万バーツを投資し、年間5,000台の小型の電気自動車(EV)を量産したい考えがあるようだ。これに先立ち、FOMMは昨年2月にタイで合弁会社「FOMM Asia」を設立し、研究開発、製造、マーケティング、販売を担当するEV生産施設の運営を始めた。今年3月、タイ政府機関のタイ投資委員会(Board of Investment)が電気自動車(EV)開発企業に対し、生産に必要な10項目(バッテリー、充電システムなど)を8年間の法人税免除対象としたことで、計画の現実味が増した。量産化の最大の課題であるコスト削減のため、日本企業に生産委託している部品(モーターやフレーム)を今後はタイでの生産に移行する考えだという。

同社が開発した小型電気自動車(EV)は全長約2.5メートル、全幅約1.3メートル、全高約1.6メートルの4人乗りタイプ。最高速度は85キロ。着脱可能なカセット式バッテリーを搭載し、最大航続距離は150キロ。アクセル操作などの基本操作は全て手で行う。緊急時には水に浮き、実質、水陸両用車として機能する特徴がある。販売価格は30万バーツ〜40万バーツになる予定。

FOMMは、2018年に4000台、2019年に16000台、2020年に30,000台、2021年に40,000台を地域販売目標に設定し、2018年にはアセアン諸国や欧州への輸出を目指している。

投稿 FOMM、アマタナコーンに小型電気自動車を量産するための工場を建設予定タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/05/23/fomm-to-make-evs-in-new-thai-plant/feed/ 0 28063
太陽光であぶり焼き鳥、鏡1,000枚を使った調理方法が話題沸騰 http://thai-news.biz/2017/05/21/the-man-solar-cooking-chicken-in-phetchaburi/ http://thai-news.biz/2017/05/21/the-man-solar-cooking-chicken-in-phetchaburi/#respond Sat, 20 May 2017 18:49:08 +0000 http://thai-news.biz/?p=28095 首都バンコクから南に車で約2時間ほどの距離にあるタイ中部のペッチャブリー県の道路沿いで屋台を営むシラ・スタラッ …

投稿 太陽光であぶり焼き鳥、鏡1,000枚を使った調理方法が話題沸騰タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
首都バンコクから南に車で約2時間ほどの距離にあるタイ中部のペッチャブリー県の道路沿いで屋台を営むシラ・スタラット(Sila Sutharat)さん(60)は、一風変わった調理方法で肉を焼くことで知られている。その調理方法とは約1,000枚の鏡で太陽光を反射させ、その熱で肉を焼くというもの。道路を通るバスの車体に反射した太陽光が体に当たると熱いことに着想を得たスタラットさんはこの独創的な調理法を1997年に思いつき、その後、試行錯誤を重ね完成させた。以降、スタラットさんは今日まで20年にわたって、太陽光による炙り焼き鳥を地元民に提供してきたという。そして近年、インターネット上でその独特な調理の様子が公開され反響を得たことで一躍有名店となり、タイ各地から大勢のお客が訪れるようになった。現在、スタラットさんは夫婦で1日、約40羽の鶏と数匹の豚を調理し、販売している。太陽エネルギーを使って焼いた肉は、焦げがなく、炭で焼いたときのような臭みもなく「肉」そのものの風味が楽しめると評判だ。

投稿 太陽光であぶり焼き鳥、鏡1,000枚を使った調理方法が話題沸騰タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/05/21/the-man-solar-cooking-chicken-in-phetchaburi/feed/ 0 28095
Jリーグがタイで見れる!「トゥルー・ビジョン」で6月から放送予定 http://thai-news.biz/2017/05/18/true-visions-broadcast-j-league-on-june/ http://thai-news.biz/2017/05/18/true-visions-broadcast-j-league-on-june/#respond Thu, 18 May 2017 10:25:32 +0000 http://thai-news.biz/?p=28027 タイの衛星ケーブルテレビ大手放送局「true visions」が5月18日(木)タイの首都バンコクで会見を行い …

投稿 Jリーグがタイで見れる!「トゥルー・ビジョン」で6月から放送予定タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
タイの衛星ケーブルテレビ大手放送局「true visions」が5月18日(木)タイの首都バンコクで会見を行い、日本のJリーグ(J1・J2)を今年6月から放送を開始すると発表した。会見にはタイサッカー協会会長のソムヨット・プンパンムアン氏、タイ代表のチャナティップ・ソングラシン選手などが出席し、日本からはJリーグホールディングス代表取締役社長の小西孝生氏が出席した。ソムヨット会長は、Jリーグをアジアで最も知名度が高く成功したリーグと評し、その期待を語った。

放送される試合はJ1リーグは1節につき3試合、J2リーグは1節につき1試合を予定し、YBCルヴァン杯や富士ゼロックススーパー杯などのカップ戦も含まれるという。毎週、土曜日と日曜日の午後2時と午後5時に、True Sport HD2、True Sport HD3、True Sport6の3チャンネルでライブ中継を予定している。タイでのJリーグの注目度は、タイプレミアリーグで活躍する「タイのメッシ」の異名をもつ人気サッカー選手、チャナティップ・ソングラシン(23)のJ1北海道コンサドーレ札幌への今夏の移籍が決定したことで、さらに高まっている。

「トゥルー・ビジョン (true visions)」は、ヨーロッパの人気リーグであるイングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエAに加え、アメリカのメジャーリーグサッカー 、タイ国内のトヨタ・タイ・プレミアリーグ、UEFAチャンピョンズリーグ、ヨーロッパリーグなど、数字が取れそうなサッカー試合のみを放映していることからも、Jリーグへの期待を伺うことができる。

▼詳細はこちら▼
https://www.jleague.jp/release/post-48948/

投稿 Jリーグがタイで見れる!「トゥルー・ビジョン」で6月から放送予定タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/05/18/true-visions-broadcast-j-league-on-june/feed/ 0 28027
サッタヒープとチャーン島間フェリーが5月に就航予定 http://thai-news.biz/2017/04/27/two-new-ferry-services-from-sattahip-launching-in-may/ http://thai-news.biz/2017/04/27/two-new-ferry-services-from-sattahip-launching-in-may/#respond Thu, 27 Apr 2017 16:52:13 +0000 http://thai-news.biz/?p=27696 パタヤ – ホアヒンフェリーの運営会社として知られるロイヤル・パッセンジャー・ライナー社は5月に、 …

投稿 サッタヒープとチャーン島間フェリーが5月に就航予定タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
パタヤ – ホアヒンフェリーの運営会社として知られるロイヤル・パッセンジャー・ライナー社は5月に、新たに2つの航路を追加する計画を発表した。追加予定の就航ルートはサッタヒープとチャーン島間、サッタヒープとホアヒン間の2航路。ロイヤル・パッセンジャー・ライナー社はすでに350人の乗客を収容できる2艘の新しい船舶を購入し、正式に港の使用許可を得て、運賃を設定する段階であることをタイ海洋・沿岸資源局が報告している。パタヤ – ホアヒンフェリーのように、今回もサービスが正式に開始される前に2つの新しいルートでは試運転が行われる予定で、その期間は運賃が無料となることが期待できる。

ロイヤル・パッセンジャー・ライナー社の運営するパタヤとホアヒン間を就航するフェリーサービスは開業以来、人気を博し、連日、多くの観光客をパタヤの桟橋、バリハイピアに惹き付けている。タイ海洋・沿岸資源局の報告では、2月と3月にパタヤ・ホアヒンフェリーサービスを利用した乗客は合計10,689に上った。そのうち3,694人がタイ人で6,995人が外国人であった。また、外国人の中では、ヨーロッパ人の乗客が4,472人と最も多く、次いで中国人の乗客が1,534人と続いた。このルートでは1艘の船(カタマラン・ロイヤル1号)が1日に2回の航海を行っている。通常運賃は1,250バーツ。ロイヤル・パッセンジャー・ライナー社は特に観光シーズンのピーク時に、さらに多くの船舶を運航させることを検討している。

投稿 サッタヒープとチャーン島間フェリーが5月に就航予定タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/04/27/two-new-ferry-services-from-sattahip-launching-in-may/feed/ 0 27696
ミシュランガイドのタイ版「ミシュランガイド・バンコク2018」が創刊へ http://thai-news.biz/2017/04/25/the-michelin-guide-bangkok-2018/ http://thai-news.biz/2017/04/25/the-michelin-guide-bangkok-2018/#comments Tue, 25 Apr 2017 10:16:43 +0000 http://thai-news.biz/?p=27687 レストランの評価を星の数で表すことで有名なレストラン・ホテルのガイドブック「ミシュランガイド」を出版するフラン …

投稿 ミシュランガイドのタイ版「ミシュランガイド・バンコク2018」が創刊へタイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
レストランの評価を星の数で表すことで有名なレストラン・ホテルのガイドブック「ミシュランガイド」を出版するフランスのタイヤ大手ミシュランとタイ国政府観光庁(TAT)は21日、「ミシュランガイド・バンコク2018(Michelin Guide Bangkok 2018)」を今年12月にタイ語と英語の2ヶ国語で発行すると発表した。タイは日本、韓国、香港、中国、シンガポールに次ぐアジアで6カ国目の「ミシュランガイド」発刊国となる。

タイ国政府観光庁(TAT)はミシュラン社と5年間のパートナーシップを結び、共同で「ミシュランガイド」を出版する。ミシュランガイドではバンコクの高級レストランからストリートフードまでさまざまな種類のタイの料理を網羅して掲載する見通しで、審査は、素材の質、調理技術、味、独創性、コストパフォーマンスの5つの基準で評価されるという。タイ国政府観光庁(TAT)はミシュランガイドの発刊により、観光客の1日当たりの支出が現行の平均1,000バーツから10〜15%増加することを見込んでいる。2年目以降はバンコク以外にプーケットやチェンマイにも手を広げ、タイの食文化をアピールし、観光業の活性化につなげる狙いがある。

表紙が赤いことからレッド・ミシュランとも呼ばれるレストラン・ホテルのガイドブック「ミシュランガイド」は現在、29カ国で創刊されている。

投稿 ミシュランガイドのタイ版「ミシュランガイド・バンコク2018」が創刊へタイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/04/25/the-michelin-guide-bangkok-2018/feed/ 1 27687
タイ – カンボジア国境に建設されたカジノが4月7日、開店 http://thai-news.biz/2017/04/11/cambodia-thailand-border-casino/ http://thai-news.biz/2017/04/11/cambodia-thailand-border-casino/#comments Tue, 11 Apr 2017 14:47:06 +0000 http://thai-news.biz/?p=27564 タイ東北部(イサーン地方)ブリーラム県のタイ – カンボジア国境付近に建設されたカジノが4月7日に …

投稿 タイ – カンボジア国境に建設されたカジノが4月7日、開店タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
タイ東北部(イサーン地方)ブリーラム県のタイ – カンボジア国境付近に建設されたカジノが4月7日にオープンした。実際にカジノの建設された場所はブリーラム県バーンクルワット郡にあるタイ – カンボジア国境、チョンサイタク検問所(Chong Sai Taku checkpoint)付近だと言われている。このカジノを巡って、先月、汚職問題に取り組む市民団体「ピープルズ・ネットワーク・アゲンスト・コラプション」の事務局長を務めるウィーラ・ソムクワムキット氏が「このカジノはタイ領内に建設されている」と発言し、論争を呼んだ。しかし、タイ政府はそのような事実はないとこれを否定し、カジノはカンボジア領内に建設されたと報告している。

タイ国内で論争の的となっているこのカジノは4月7日に開店し、オープンニングセレモニーにはタイのVIP300人ほどが招待されたという。オープン当日には多くの一般参加者が押し寄せたものの、招待状を持つものだけが入場を許された。カンボジア国内にある多くのカジノはベトナムやタイの国境付近に位置しているといわれ、カンボジアはカジノが違法となっている国の観光需要を貪欲に取り込もうとしている。

カジノの建設されたチョンサイタク検問所付近の様子
The Nation|カジノの建設されたチョンサイタク検問所付近の様子

投稿 タイ – カンボジア国境に建設されたカジノが4月7日、開店タイの最新ニュース速報【 タイニュース ビズ 】 に最初に表示されました。

]]>
http://thai-news.biz/2017/04/11/cambodia-thailand-border-casino/feed/ 1 27564