Home / タイ / HONDAタイ株式会社は、タイで大幅なリコール回収

HONDAタイ株式会社は、タイで大幅なリコール回収

本田自動車タイ株式会社は、ホンダ車のセールス範囲をタイで拡大したと発表しました。ホンダは、顧客の安全を確保するための予防措置としてこの発表を行う意図があります。検査と交換が必要な乗客の前部エアバッグインフレータを165,128人のリコールに対応し、全国のホンダディーラーで影響を受けたエアバッグインフレータを無料で取り替えるキャンペーンを行なっています。この交換の理由は、影響を受けたエアバッグインフレータが、過度な内圧で展開する可能性があるためです。エアバッグインフレータケーシングが破裂して、乗客および運転手に安全上の危険が生じる可能性があるため以下の車種にリコールを行いました。

  • 2009-2011 Honda City
  • 2009-2011 Honda Jazz
  • 2009-2011 Honda Freed
  • 2009-2011 Honda Civic
  • 2007-2011 Honda CR -V
  • 2008-2011 Honda Accord

HONDAは、影響を受けた部品を無料で交換するよう全国のHonda正規ディーラーに連絡を促し、リコール対象の部品を持つ所有者に通知書を送付しました。ホンダは2016年7月12日に発表されたホンダ車の所有者に加えて、問題となっているタカタエアバッグインフレータを保有していない残りの所有者にも部品交換を促して、直ちに交換スケジュールを完了することを全国のホンダディーラーに要請しました。

  1. 2012年〜2013年のホンダシティー
  2. 2012年〜2013年のホンダジャズ
  3. 2013年のホンダジャズハイブリッド
  4. 2012年のホンダジャズ(日本から輸入されたモデル)
  5. 2011年のホンダCR-Vホンダ

上記リストに記載された車両の所有者は、全国のHondaディーラーに連絡してください。

出典: Pattaya Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です