Home / タイ / タイの受刑者を電子監視システムで管理する世界

タイの受刑者を電子監視システムで管理する世界

タイ司法裁判所(CoJ)は、2月1日に施行される計画の下で、受刑者に対する新たなリスクアセスメントとして、電子手枷(足枷)装着による電子監視システム(位置情報把握システム)を導入する予定だという。足首に取り付ける発信器とモニターにより受刑者を監視する電子システムは欧米では既に広く取り入れられている。受刑者を監獄から出し、その生活ぶりをモニターで監視する電子刑務所の導入により、収監コストを削減できるという利点に加え、受刑者の社会復帰を促す効果があると注目されている。新制度では、5年以下の刑に処せられる軽微な罪を犯した人々が対象となると、裁判官であるAthikom Intuputi氏は語った。この計画は5つの裁判所で1年から3年間の試行プログラムとして採用される予定である。バンコク南刑事裁判所とチャンタブリー、チェンマイ、カーラシン、ナコーンシータマラート県の裁判所で試験的に実施され、うまくいけば、全国の刑務所に導入されることになる。電子手枷(足枷)の電子監視システム(位置情報把握システム)により、軽微な罪を犯した囚人を自宅監視とすることができ、刑務所にいる受刑者の人数を劇的に減らす効果が期待されている。また、保釈金のない受刑者はこれまで拘束されたままだったが、これも電子監視システムにより改善されることが、期待されている。最新の統計によると、刑務所にいる約20%の囚人が保釈金がないために刑務所内で裁判を待っていることが示された。電子手枷(足枷)を装着した受刑者は、自宅を中心に定められた行動範囲内において無線を通じ、監視される。行動規定に違反した場合は訓戒または刑務所への再収監となる。

裁判官であるAthikom Intuputi氏は裁判所の職員が被告人のデータを査定書に載せ、逃亡のリスクを計算し、審理のために裁判所に提出するとの見通しを示した。可決されれば、受刑者は保釈なしで解放されるだろう、と述べた。タイ司法裁判所(CoJ)の広報担当者は、リスクアセスメントは5段階に分かれていると語った。各被収容者の犯罪記録、逃亡リスク、再犯リスク、被収容者が社会に与える可能性のある脅威を考慮し、判断が下される。その釈放は裁判官の裁量で行われる、と同氏は述べた。最高裁判所長官室長のMookmethin Klannurak氏は、裁判所は新しいリスク評価制度のもとで公表されたものと逃避の数を比較すると述べた。結果は裁判所が間違った人を釈放したり、拘禁しなかったことを確実にするために、評価を開発し改善するために使用されると語った。また、同計画は県の予算が受刑者に費やされるのを減らすのに役立つだろうと述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です