Home / タイ / バンコク / バンコクでハンバーガーを販売する両足を失った元ボクサーが話題!

バンコクでハンバーガーを販売する両足を失った元ボクサーが話題!

ロンドンのボクサーとして活躍していたガレス・ペイン(Gareth Payne)は17年前の英国在住中、電車事故に遭い両足を失った。今日、彼はバンコクでハンバーガーを売って生計を立てている。今週、彼の販売する「No Name Burgers」のハンバーガー・カートが地元メディアの注目を集めた。多くのタイ人は、あきらめない人の良い例として彼を称えている。2000年1月、当時ボクサーであったガレス・ペインはちょうど列車の軌道を走っている最中に意識を失った。病院で目を覚まし、両足を失ったことに気づいた、とペインはタイのスポーツ紙に語った。ペインは英国スタイルのポークハンバーガーの販売以外にも、子供たちにボクシングを教え、バンコクで素敵な家族を育てている。彼の販売する「No Name Burgers」のハンバーガー・カートはKhlong Sam WaのSammakorn Villageにあり、ポークバーガーとチキンケバブを60バーツで販売している。位置情報などの詳細は彼のFacebook Pageで確認できる。

出典:Bangkok Coconuts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です