Home / タイ / スバル(富士重工業)、タイで自動車の生産を2019年から開始する

スバル(富士重工業)、タイで自動車の生産を2019年から開始する

17日、富士重工業(FHI)が展開する自動車製造部門のブランドであるスバルは、今年2月にTan Chong International Ltdの子会社であるTC Manufacturing and AssemblyThailandLtdと合弁会社を設立する計画を発表した。現在、東南アジアにおけるスバル車の生産はマレーシアのみとなっており、マレーシア国内にあるTan Chong Motor Assemblies Sdn Bhdの組立工場でスパル・エックスブイ(Subaru XV)とフォレスター (Forester)を製造している。富士重工業(FHI)は、スバルの競争力強化と東南アジアでのさらなる成長を図るため、今回、タイのTan Chong Subaru AutomotiveThailandLtdとの合併を決めた。資本金50億バーツのうち、TC Manufacturing and AssemblyThailandLtd74.9%、富士重工業(FHI)が25.1%を出資して、20172月に合弁会社タンチョンスバルオートモーティブタイランド(Tan Chong Subaru Automotive Thailand Co., Ltd)を新たに設立し、タイでのノックダウン生産(組立生産、CKD生産)を開始する予定である。また、来月に設立されるジョイントベンチャー企業は、富士重工業(FHI)によると、2019年に生産を開始することを目指しているという。今後も、マレーシアでの車両の生産は引き続き継続し、タンチョン・インターナショナル(Tan Chong International)はスバルのディーラーネットワークを通じてマレーシアとタイで生産された車両を販売する予定である。富士重工業(FHI)のホームページには「当社は、201459日に発表した中期経営ビジョン「際立とう2020」において、強い事業構造を創る取り組みの1つとして、東南アジア地域での強固な事業基盤の構築を掲げています。今回の合弁会社設立により、成長著しい東南アジア地域においても、スバルの「安心と愉しさ」を提案し、スバルブランドの強化と拡販を目指していきます。」とある。スバルは2016年にタイで3318台の自動車を販売し、前年比25.6%の増加となった。 2017年の販売目標は3200台である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です