Home / タイ / パタヤ / チョンブリーで軽飛行機の墜落事故 操縦士は軽傷
アメリカ人男性が軽飛行機の墜落事故
The Nation|墜落した軽飛行機と操縦していたアメリカ人男性

チョンブリーで軽飛行機の墜落事故 操縦士は軽傷

アメリカ人男性が軽飛行機の墜落事故を起こすも奇跡的に軽傷で助かる

米ドキュメンタリージャーナリストのトム・クレイトール(Tom Claytor)氏は17日(金曜日)の午後、チョンブリー県のシラチャ(シーラーチャー郡)にあるThai Flying Club からパトゥムターニー県のランシットエリアにあるKlong 15 Ongkharak 飛行場に向かって2人乗りの小型飛行機を操縦していた。しかし、チョンブリーの上空で軽飛行機のエンジンに不具合が起き、緊急着陸を余儀なくされた。家を避けようと草原に着陸し、小型機の車輪が地面に詰まり、1つの車輪が衝突現場から500メートル飛んだものの爆発はせず、運転していたパイロットに怪我はなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です