Home / タイ / クルンタイ銀行が日系企業の開拓に乗り出す
クルンタイ銀行が日系企業の開拓に乗り出す

クルンタイ銀行が日系企業の開拓に乗り出す

他の大手行が日系企業との提携を加速させる中、タイでは資産規模2位のクルンタイ銀行は決済や融資といった金融サービスを提供することで、日系企業の取り込みを狙っている。クルンタイ銀行はタイに進出する日系企業を顧客に持つコンサルティング会社、東洋ビジネスサービスと業務提携し、今後、セミナーなどを通して、顧客拡大を目指す方針。資産規模1位のバンコク銀行や4位のカシコン銀行が日本の地方銀行と多く提携する中で、対応に迫られた格好となった。また、3位のサイアム商業銀行はみずほ銀行と預金・引き出しや投資銀行業務などで幅広く業務協力し、5位のアユタヤ銀行は三菱東京UFJ銀行の傘下に入り、同行の旧バンコク支店の日系顧客約4000社を引き継いでいる。タイのメガバンクによる日系企業の顧客争奪戦は近年、激しさを増している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です