Home / タイ / バンコク / タイのタンマサート大学がアジア最大のメガソーラー(15MW)設置に意欲
Thammasat University

タイのタンマサート大学がアジア最大のメガソーラー(15MW)設置に意欲

タイで最も歴史のあるチュラーロンコーン大学に次ぐ歴史をもつ名門タンマサート大学は228日、パトゥムターニー県にある学士課程の生徒が通うランシット・キャンパスに太陽光発電システムを導入すると公表した。このプロジェクトは2017年末までの完成を目標にしており、完成すれば、大学の屋上に設置するソーラーパネル(太陽電池パネル)としてはアジア最大規模となる。

同大学の発表では太陽光発電システムは大学のランシットキャンパスに2つの段階にわけて設置される。第1段階では合計6メガワット、第2段階では合計9メガワットの発電が可能になり、2017年末までには合計出力15MW(メガワット)のメガソーラーが大学内に誕生することになる。

現在のところ、発電量の最も高い太陽光発電設備をもつ上位3大学はいずれもアメリカにあり、コルビー大学(Colby College)が30メガワット、アリゾナ州立大学(Arizona State University)が24メガワット、カリフォルニア大学(University of California)が16メガワットとなっている。また現在、アジアで最大のソーラーパネル(太陽電池パネル)を有する大学はシンガポールにあり、ナンヤン技術大学は5メガワットを発電している。

今回、タンマサート大学が設置をする合計出力15MW(メガワット)のメガソーラー太陽光発電設備が完成すると、アジアでは最大、世界でもアメリカの3校に次ぐ、大きさとなる。

タイでは現在、電力の70%近くを化石燃料による火力発電でまかなっている。同大学は、太陽光発電技術を取り入れ、3040%の電力を太陽光で自家発電することにより、温室効果ガス排出量の削減に貢献したいとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です