Home / タイ / バンコク / タイ中部ロッブリー県で大麻500キロを押収 5人が逮捕
タイ中部ロッブリー県で大麻500キロを押収 5人が逮捕
The Nation|トラックから発見された500キロの乾燥大麻

タイ中部ロッブリー県で大麻500キロを押収 5人が逮捕

バンコクの麻薬抑制局(NSB)は3月5日、タイ中部のロッブリー県で500キロのマリファナを押収し、2人のラオス人を含む5人を現行犯逮捕した。この5人は2台のピックアップトラックと1台の車を使用して、ラオスからノーンカーイ県の国境を越え、タイに入国し、タイ南部に乾燥大麻およそ500キロを配達するところであった。しかし、タイ中部ロッブリー県パッタナーニコム郡の検問で捜索した警察官がこれを発見し、あえなく御用となった。バンコクの麻薬抑制局(NSB)の報告では押収した500キロの大麻はプレミアムグレードであり、その中の900グラムは癌治療に使用するための大麻であったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です