Home / タイ / タイ総選挙実施、最短でも19ヶ月
タイ総選挙実施、最短でも19ヶ月

タイ総選挙実施、最短でも19ヶ月

16日、タイ政府のウィラチョン政府副報道官は、民政復帰に向けた総選挙の実施時期が2018年の9月頃までずれ込むとの見通しを示した。総選挙は当初、2017年末までの実施が予定されていた。民政復帰に向けた総選挙は、新憲法が公布された上で実施される。新憲法案は昨年8月の国民投票で可決され、国王の承認を受けるため一度王室に提出されていたが、昨年12月に即位したワチラロンコン新国王が国王の権限に関する規定について修正を要請。現在、議会はその対応に追われている。このため、新憲法公布から総選挙実施には最低でも19カ月はかかると政府の報道官は報告した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です