Home / タイ / バンコク / タイのワチラロンコン新国王、6日に新憲法案に署名か
タイのワチラロンコン新国王、6日に新憲法案に署名か
Reuters|ラーマ10世 ワチラロンコン新国王の肖像画

タイのワチラロンコン新国王、6日に新憲法案に署名か

4月3日、タイ王室事務局は新憲法案が6日、バンコクのアナンタサマーコム宮殿で開かれる式典でワチラロンコン国王により署名され、同日に交付・施行される見通しであることを官報で明らかにした。新憲法案は昨年8月の国民投票(投票率59・4%)で賛成61・4%、反対38・7%で可決され、タイの新国王となったワチラロンコン国王の承認待ちとなっていた。6日はタイの現チャクリ王朝記念日の祝日にあたる。新憲法の公布は民政復帰に向けた総選挙を実施するための第一歩となる。2014年のクーデター以来軍事政権下にあるタイの総選挙は2018年後半になることが予想されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です