Home / タイ / タイの通信大手トゥルーがスマートフォン向けゲーム開発に着手
タイの通信大手トゥルーがゲーム開発に着手
Manager Online|True Axion Games

タイの通信大手トゥルーがスマートフォン向けゲーム開発に着手

タイの通信大手トゥルー・コーポレーション(True Corporation)はカナダの投資会社アクシオン・ベンチャーズ(Axion Ventures)と合弁で、新会社トゥルー・アクシオン・ゲームズ(True Axion Games)を設立した。タイでスマートフォン向けゲーム開発事業を行う予定。アクシオン・ベンチャーズはゲーム開発会社エピックゲームス(Epic Games)と提携し、世界的に人気を博したコンテンツ「ぽっちゃり☆プリンセス」(PS3・PSPの専用ソフト)などを発売している。

新会社トゥルー・アクシオン・ゲームズはゲーム制作に携わる人材を育てるための機関「ゲーム・アカデミー」を9月までに設立し、タイ国内のゲーム開発者の技術の底上げを目指すことも予定している。トゥルー・コーポレーション(True Corporation)は子会社トゥルー・インキューブ(True Incube)を通じ、40%を出資。アクシオン・ベンチャーズは残り60%の株式を保有する。トゥルー・コーポレーションのスパチャイ・チャラワノン会長は声明で「東南アジアで最も優れたゲーム開発会社をめざす」と述べた。

世界のゲーム業界は今年末までに1,067億ドルの収益を生み出すと予想され、この数字は音楽産業と映画産業を合わせたものよりも大きい。 また、2025年までには、ゲーム業界全体での年間売上高は2,000億ドル近くに達すると見られている。東南アジアは、ゲーム制作と消費の両面でゲーム産業の新たな拠点として急速に成長している。東南アジアを牽引するタイのゲーム産業は2025年までに年間約700億バーツの収益が見込まれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です