Home / タイ / バンコク / バンコクのチャトチャック公園でタイの桜「モモイロノウゼン」が満開
バンコクのチャトチャック公園でタイの桜「モモイロノウゼン」が満開
JS100|Facebook

バンコクのチャトチャック公園でタイの桜「モモイロノウゼン」が満開

遠くから見ると一見桜と見間違ってしまうほど良く似ている熱帯アメリカ〜南米原産の花木 モモイロノウゼンがバンコクで開花時期を迎えた。外来種であり、主にチェンマイで栽植されているモモイロノウゼンはタイ語でチョムプー・パンティップと呼ばれている。タイのラジオチャンネルJS100は最近、BTSスカイトレインのモーチット駅から撮影したチャトチャック公園に咲く満開となったモモイロノウゼンの写真を公開した。

日本を訪れたことのある多くのタイ人はチャトチャック公園に咲くモモイロノウゼンを日本の桜・花見スポットである上野公園のようだとコメントしている。モモイロノウゼンは「タイの桜」として人々の間で長く親しまれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です