Home / タイ / タイの祝祭日、5月5日の戴冠(プミポン国王即位)記念日が廃止に
タイの祝祭日、5月5日の戴冠(プミポン国王即位)記念日が廃止に
Reuters|プミポン前国王の肖像画

タイの祝祭日、5月5日の戴冠(プミポン国王即位)記念日が廃止に

タイ政府は11日、5月5日の国民の祝祭日、戴冠(プミポン国王即位)記念日の廃止を閣議で決定した。この決定はすぐにでも発効される見通しということで、5月5日は今年から平日扱いとなるようだ。その代わりとして、政府の広報担当者は今年から新たに2日、祝日を追加することを報告している。新たに追加される祝祭日はタイの新国王、ワチラロンコン国王(ラーマ10世)の誕生日にあたる7月28日とタイの前国王、プミポン国王(ラーマ9世)の崩御日にあたる10月13日を予定しているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です