Home / タイ / バンコク / タイの立憲革命を記念した銘板・プレートがバンコク、アナンタサマーコム宮殿前の道路から消失
バンコクのドゥシット区にあるアナンタサマーコム宮殿前の道路に埋め込まれていた真鍮製のプレート

タイの立憲革命を記念した銘板・プレートがバンコク、アナンタサマーコム宮殿前の道路から消失

バンコクのドゥシット区にあるアナンタサマーコム宮殿前の道路に埋め込まれていた真鍮製の記念銘板が何者かに奪われ、入れ替えられるという事件が発生した。このプレートは絶対王制から立憲君主制に移行した1932年の立憲革命を記念して製作されたもので、直径約30センチの円形、真鍮製であった。真鍮製の記念碑には、「1932年6月24日の夜明けにタイ人民党(1932年6月24日、立憲革命を引き起こし絶対君主制を倒した党)は国の繁栄のために立憲主義を持ち込んだ」と書かれていたという。

代わりに埋め込まれていたプレートには「サイアムの国は持続可能性を持ち、国民はその土地の力に満足するだろう。三宝(仏教の仏・法・僧)への尊敬と愛、国家、家族、国王に対する忠誠心は、国家に進歩をもたらするでしょう。」という言葉が刻印され、立憲革命には一切触れられていない。14日、タイの活動家がFacebook上でこの事実を公表したことから、事件が発覚した。誰が置き換えたのかは現在のところ不明だという。タイ政府のスポークスマンはこの事実を一切知らなかったと報告している。民主活動家らは、再び元のプレートに戻すよう訴え、タイ当局に調査を求めている。

 

立憲革命を記念して埋め込まれたプレート
The Nation|立憲革命を記念して埋め込まれたプレート

 

取り替えられていたプレート
The Nation|取り替えられていたプレート

 

One comment

  1. 政治的な意図があるにしてもやることが地味な気がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です