Home / タイ / タイ航空公社(AOT)の運営する空港に、新たな国際線が増加中!
ドンムアン空港
AOT|ドンムアン空港

タイ航空公社(AOT)の運営する空港に、新たな国際線が増加中!

タイの国営空港を運営するタイ航空公社(AOT)は、昨年末から2017年の第一四半期までに、自社空港に新たに6つの国際線が追加されたことを報告した。タイ航空公社(AOT)は現在、スワンナプーム航空、ドンムアン空港、チェンマイ空港、チェンライ空港、ハートヤイ(ハジャイ)空港、プーケット空港の6つの国際空港を運営している。

日本の格安航空Peach(ピーチ)は2017年2月20日から沖縄 – バンコク(スワンナプーム空港)を1日1便、HK Expressは2016年11月25日から香港 – チェンライを週2便、Flydubaiは2016年11月29日からドバイ – バンコク(スワンナプーム空港)を週2便、北京首都航空は2017年3月27日から海口市 – チェンマイを週1便、2017年3月29日からは海口市 – チェンマイを週1便、Hebei Airlines(河北航空公司 )は石家荘市 – バンコク(スワンナプーム空港)を週3便、また、昆明航空は2017年4月1日から、タイ南部のソンクラー県と中国を結ぶ初の直行便、昆明 – ハートヤイ(ハジャイ)線の就航を開始した。タイ航空公社(AOT)は国際空港にエアラインを誘致するマーケティング戦略が功を奏した結果だとし、その成果を報告した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です