Home / タイ / 悪質タクシー運転手の検挙数が14000人以上、ツーリストポリス発表
タイの悪質タクシーの検挙数が記載された看板
The Nation|悪質タクシーの検挙数が記載された看板

悪質タクシー運転手の検挙数が14000人以上、ツーリストポリス発表

8月31日、この1年間に逮捕された悪質タクシー運転手の検挙数が14000人以上に達したとタイの観光警察(ツーリストポリス)が発表した。内訳としては法外な高額請求(ぼったくり)での逮捕者が3277人、駐車違反が6159人、乗車拒否が4811人だ。その内489人は運転免許の取り消し処分を受けた。

タイ全土のタクシーは2017年の段階で9.5万台に達している。違反車両はおおよそ全体の6.7~7%程度であるといえる。これは氷山の一角に過ぎず検挙されていない運転手を加えたらさらに多いことが伺える。

バンコクのタクシーは悪質なものが多いと評判だ。観光客と分かったとたんにぼったくろうとするなど、悪評は絶えない。タクシーの料金メーターを使用せず、値段交渉により不正な料金を請求しようとする運転手を見ることは少なくない。こういった悪質ドライバーがはびこる以上、タクシーメーターを使用しないタクシーへの乗車は避け、トラブルを回避するのが賢明である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です